当社について

Mullvad VPN AB は親会社である Amagicom AB が所有しています。 Amagicom という名はシュメール語の ama-gi、すなわち、シュメール語で最古の「自由」という言葉に由来します。または直訳すると、「母の元に帰る」(奴隷制度に関連)という意味になります。また、コミュニケーションの省略形でもあります。 つまり、Amagicomの社名は「自由なコミュニケーション」を意味しています。

チーム

Mullvad VPN AB とその親会社である Amagicom AB は、積極的に会社の運営に関与している創設者、フレドリック・ストロンバーグ(Fredrik Strömberg)とダニエル・ベルントソン(Daniel Berntsson)が 100% 所有する企業です。

その他のチームメンバー

Robin Lövgren, Simon Andersson, Linus, Richard Mitra, Sanny Mitra, Odd, Andrej Mihajlov, Alexander Busck, Stefan, David Lönnhager, Oskar Nyberg, Johan Rohlen, Joshua Björkäng, Eric Pütter, Jacob Lingefjärd, Matilda, rui hildt, Grégoire Détrez, Robert, Victor Johansson, Jan Jonsson

歴史マニアの皆様へ

当社が誇るマイルストーンのほんの一部をご紹介します。

  • 2009年3月 – MullvadのVPNサービスを提供開始!
  • 2010年7月 – お客様の匿名性を確保するため、ビットコインによるお支払いの受付を開始。
  • 2010年9月 – 従来型の支払い方法である現金でのお支払いの受付を開始。匿名性を確保した別の支払い方法が可能になる。
  • 2014年4月 – Heartbleedの脆弱性を迅速に評価してこれを緩和し、そのOpenVPNへの重大な影響について当社の仮説を立証。
  • 2014年9月 – OpenVPNがShellshockに対して脆弱であり、結果として管理者アクセスが取得されてしまうことを実証し、一般公開する前に当社の競合会社に警告。
  • 2014年9月 – IPv6対応を開始 (ものすごくオタクっぽいですが、素晴らしい対応であることは間違いありません)。
  • 2017年3月 – 当社ユーザーが新しい最先端のVPNプロトコルであるWireGuardを使用開始できるようになる。
  • 2017年12月 – ポスト量子暗号により保護されたVPNトンネルを導入。
  • 2018年9月 – 当社の新しいVPNアプリに実施された独立監査で非常に高い評価を受ける。
  • 2018年10月 – 何が信頼できるVPNを実現しているのでしょうか? 当社は、この業界の透明性と誠実性を高めるための多国間イニシアチブに参加しています。
  • 2019年6月 – システムの透明性に関する新プロジェクトを発表し、コミュニティに透明なシステムの開発を呼びかける。
  • 2019年7月 – Mozilla社が独自のVPNアプリケーション用に当社のVPNサービスのグローバルネットワークを利用するため、当社のパートナーになる。
  • 2019年8月 – 当社の歴史上初めてオープンソースファームウェアのオフザシェルフサーバーへのポーティングに成功し、当社のビジョンである「システムの透明性」に一歩近づく。
  • 2019年10月 – さらに、当社のサーバーネットワークを利用するMalwarebytesをパートナーに迎える。
  • 2020年6月 – 当社VPNアプリの全5種類のプラットフォームバージョンが徹底的な外部セキュリティ監査を受ける。
  • 2020年12月 – 最初の独立インフラセキュリティ監査にて、個人識別可能情報(PII)やプライバシーの漏洩は発見されませんでした。
  • 2021年2月 – DNS over HTTPS と DNS over TLS を提供し、QNAME 最小化と easylist_adservers による広告ブロックに対応した公開 DNS サービス監査済みベータ版をリリースしました。